黒クマが出来る原因は……


目元のクマは、見た目年齢を大きく左右する恐いものです。
クマがあるだけで、10歳くらいは老けて見られてしまうことも・・

また、疲れた印象を与えてしまうものなので、何としてでもコンシーラーやメイクの厚塗りで、カバーしたいところです。

ですが、コンシーラーや厚塗りは根本的な解決になりません。
それだけでなく化粧品を使うことはそれだけでもお肌に負担のある行為。

クマを隠すために色々と手をつくした結果、クマが悪化して隠しきれなくなる、といった最悪の事態もありえます。

そんな、にっくき目元のクマですが、
実はクマにも種類があるのをご存知でしょうか。

目元のクマは、

○黒クマ
○茶クマ
○青クマ

の3つに分けることができ、それぞれ出来てしまう原因が違います。

ここでは黒クマが出来る原因をご紹介します。

黒クマの原因は、ずばり年齢を重ねたことです。
目元はもともと皮膚がとても薄い部分で、乾燥しがちで、クマも出来やすいなどトラブルが発生しやすいところです。

この目元がさらに年齢を重ねることによって皮膚が薄くなり、クマも目立つようになります。

また、皮膚がたるみやすくなってくるというダブルパンチに。

皮膚のたるみで皮膚は薄くなり、
皮膚内部の筋肉が透けて見えるようになります。

これが黒クマの原因です。

目のたるみや皮膚が薄くなってしまうのは、年齢に伴う現象なので、改善が難しいのが事実です。

皮膚の向こうが透けて見える、という減少に対しては、どうしていいかわかりませんね。

血流の悪化による青クマや、紫外線など刺激による色素沈着が原因の茶クマと比べて、黒クマはかなり改善が難しいものになってきます。

とはいえ、コンシーラーで隠し続けることも難しいので、なんとか対策をとらなくてはなりません。

コラーゲン成分が配合された、目元用のクリームなどで徐々に改善することができますので、まずはそれを試してみるのはいかがでしょうか。

目の下のクマ、下まぶたのたるみに特化したものとしてはアイキララなどがあります。
それほど知名度も高くないのに、販売してしばらくの間は欠品が続くほどの人気ぶり。

それだけ目の下のクマに特化した商品がなく、あまり目立たないけど需要が多かったんですね。

今ではアイキララの欠品もおさまって、購入すればすぐ手に入るようになっています。
とはいえ、薬局などの店舗では販売されていないので、公式サイトなどネット通販での購入が必要になってきます。

幾つか割引になる定期コースなども用意されているので、悩みの深さによっては検討してみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ